NEUTRAL FACTORY もうすぐお引越し

FACTORY移転準備中

NEUTRAL加賀店と家具製作工場が併設となる場所への移転準備を進めています。

昨年の暮れより、コツコツと着々と準備を進めて参りました。

ショップの移転より一足先に、家具製作工場がもうすぐ移転。

大聖寺のNEUTRAL FACTORYから加賀市内の別の場所へ…。

NEUTRAL設立から、14年間いくつもの家具を生み出してきたNEUTRAL FACTORY。

すこーしだけですが、移転前に写真でご紹介です。

neutral-factory-01

加賀市大聖寺の森の中。

鳥の声と虫の声。

この季節は緑に覆われてすごくきれい。

 

neutral-factory-05

機械移設前に、機械をきれいにお掃除&調整します。

 

移設を待っている機械たち。

新しい場所でもよろしくね。

neutral-factory-03

neutral-factory-04

neutral-factory-06

neutral-factory-07

neutral-factory-02

 

窓の奥には、NEUTRALのクリーム色のベンツ。

neutral-factory-09

 

たくさんの音と緑に囲まれて。

neutral-factory-08

 

 

移転が完了いたしましたら、改めてまたご報告させていただきます⭐︎

新しい機械も入り、家具の幅も広がります。

今後のNEUTRALにもご期待ください⭐︎

 

neutral-factory-10

 

 

-COCCO-

ナラ材の家具

台風一過の金沢。

空は晴天、いいお天気です。

今日は、NEUTRALでよく使う木、ナラ材についてのお話を少し。

 

ナラ無垢材

NEUTRALの家具の多くは、ナラ無垢材。

ナラは、大ぶりではっきりした木目をしていて、
板目は力強く、柾目は優しい表情をしています。

家具になった時の木目の出方の美しさはもちろんのこと、

・硬く、粘りと強度がある。

・着色・塗料の食いつきが良い。

・ナラ材に多く含まれるタンニンという成分は、腐食や虫食いを防ぎ、優れた耐久性を発揮する。

家具に向いている特徴をもっています◎

oak-neutral-06

 

ナラは、堅木(かたぎ)と呼ばれる広葉樹の材木の一つ。

名前の通り、堅くて丈夫。細胞が密で空気の含有量が少ないので重たいですが、傷や凹みに強いので家具や床材に向いています。

サクランボ、どんぐり、くるみなど、実をつける木が多いですね。

なんだかかわいいですが、幹は太くて曲がっていたり枝分かれしているので、材料によっては動きや節がバラバラ。加工が難しいのも特徴です。

oak-neutral-01

 

 

一方、軟木(なんぼく)と呼ばれる針葉樹は、真っ直ぐに伸びるスギやヒノキが代表的。

空気の含有量が多く、軽量で狂いが少ないが、名前の通り軟らかいので家具には不向きとされています。傷や凹みが目立ち、アンティークになるほどの強度をもちません。

でも狂いが少ないので、建築にはこの針葉樹が多く使われていますね。

 

 

等級Aを使う理由

NEUTRALのナラ材は、等級Aの国産のナラ無垢材。

ナラ無垢材といえど、全てが同じ品質というわけではありません。

無垢材にも等級があります。

等級の低いものは、節や辺材を含むものが多かったり、割れ・反りが起こりやすいものが多いです。

一方、等級の高いものは、節や辺材は無く、割れ・反りも最小限に抑えることができます。

さらに、その等級Aのナラ材を、割れ・反りが最小限で済むように職人が加工する。

当然、等級が高いほど木材の価格も上がる。

木材のグレードを落として、職人の手間を省いて…もっと安く家具を提供することもできます。

でも、それじゃあ、永く満足して家具を使ってもらうことは出来ない。

100年後にもアンティークとして使い続けてもらえる家具とは?

NEUTRALは根本となる素材から見直しました。

 

 

ナラの木目

大ぶりではっきりとしたナラの木目。

水の通り道である導管が太いナラ材。

濃い色のオイルを塗ると、その導管にオイルが入り込み、木目がよりいっそう引き立ちます。

oak-neutral-04

oak-neutral-03

oak-neutral-02

oak-neutral-05

マテリアルについて-WEBSITE-

 

 

100年後にアンティークになる家具を

腐食や虫食いに強く、傷やへこみにも耐える強度を持っているナラの家具は、年月を経てもその存在感が失われることはありません。

むしろ、生活している中でついた小さな傷やシミが味となります。

木も人と同じ。

人間が怪我をしたり病気になったら手当てをするように、木の収縮や割れが起こった時は適切なメンテナンスをしてあげれば、また使い続けることができます。

たまにはオイルを塗って潤いを。

手をかけた分だけ、いい味わいが出てくるものです。

 

家具は人が使うもの。

人の暮らしとともに、誰かを幸せにする家具でありますように。

oak-neutral-07

 

 

 

-COCCO-

家具をつくる

無垢の木

無垢の木は、家具になった後もちゃんと呼吸をしています。

空気や水を吸って吐いています。

水分を含めば膨張するし、乾燥すればヒビが入る。

それは、生きている木にとっては当たり前であって、避けられないこと。

neutral-wood-02

 

無垢材と職人

そんな動きのある無垢材を家具に仕立てるのは、実はとても過酷です。

育った環境や日当たりなど、木はひとつひとつに個性をもっています。

動くクセや方向、木目の出方など、本当にそれぞれ。

NEUTRALの職人は、木の動きを読んで、木取りをし、家具に仕立てます。

 

ホゾ組みをする箇所に節がこないように…。

neutral-wood-03

組んだ後の、木目の流れが美しく自然になるように…。

 

継いで作るテーブルの天板が美しいか?

table0105

※一枚板でない無垢のテーブルは、だいたい70~150mmの幅の無垢材を横に継いで幅の広い天板に仕立てます。

木材は木表方向に反ります。

反ってしまっても、大幅な動きを抑えるため、NEUTRALでは木表・木裏…と交互に継いで製作します。

 

無垢材の魅力

NEUTRALの家具は、ほとんどが無垢材。

特にテーブルや椅子などの常に人の手が触れる場所、リビングやダイニングの中心となる場所には無垢材の家具をおすすめしています。

なぜか?

無垢材は、人の手が触れて時間が経つほどにどんどん味わい深くなります。

ついてしまった傷やシミも、家具の味になります。

アンティークやヴィンテージ家具がとてもすてきなのは、経てきた時間があるからかもしれません。

neutral-wood-01

 

無垢材とデザイン

古くなってもなお、良いものでありつづける。

職人が丁寧なつくりでつくるのはもちろんですが、ずっと使い続けたくなるデザインであること。

それはとても大切だと思っています。

どんな空間でも、いつの時代でも、「いい」と思えるもの。

そう感じさせるのは、デザインの力。

無駄のないシンプルな構造、全体のバランス・細部の作りに至るまで。

こんなこと誰も見てないし気にしてないかもしれない…。

それでも、自分たちの良いと思えないものをつくることはできない。

table0106

無垢の木は、100年後にもアンティークとして生き続ける。

そうさせるためのデザインの責任は大きいと感じます。

 

 

 

特注のインテリア面材 -キッチン・扉・テーブル-

手持ちのシェルフに合わせた塗装と加工でテレビボードをオーダーしてくださったお客様。

(ブログはこちら→オーダーメイドテレビボード

うづくり加工の木材に、グレーががった焦げ茶色。

とても好きな風合いなので、

インテリアの中でも広い面積を占める「キッチンの腰壁」「造作の壁面カップボードの扉」「テーブル」の面材もこの材料で製作したいとの依頼をしていただきました◎

 

大規模なリビングダイニングのリノベーション。

 

家具や扉材の色合いを合わせることで、統一感も生まれます。

 

<キッチン腰壁+カップボード扉材>

kitchen-neutral-01

キッチンは、お客様が自らこだわり設計・発注したユーロモービル製。

淡いベージュの天然石のワークトップ。

床は同系色の大判のタイルに、しっくり塗りの壁。

 

全体的に淡く柔らかい色合いの中に、ダークトーンの木目が空間全体を上手く引き締めています。

kitchen-neutral-03

うずくり加工を施した面材が、ダウンライトでより引き立っています。

kitchen-neutral-02

 

<テーブル面材の貼り換え>

table-neutral-02

お気に入りのテーブル。

面材を貼り換えて新たな表情に生まれ変わりました。

table-neutral-01

貼り換えや修理をして永く使う。

そんな風にして、家具を使っていって頂けるといいなと思います。

 

 

 

-COCCO-

 

オーダーメイドテレビボード

オーダーメイドテレビボード

ご自宅のリノベーションにあたって、テレビボードのオーダーの依頼を頂きました。

TVボードを探しているけど欲しいと思えるデザインとサイズのものがない、とのこと。

実は何度もご自分で自宅をリノベーションしてきた、すごい方。

今回はリビングに床暖を導入、キッチンも総取り替え、という大規模なリノベーションだそうで、設計をSWAY DESIGNに依頼されたそうです。

インテリアのイメージもしっかりとお持ちです。

お気に入りの手持ちキャビネットに合わせたデザインと質感にしたいとの希望がありました。

 

素材はすべて無垢材

木材についてもよく知っておられて、

「せっかくオーダーメイドで家具をつくるのだから、ちゃんとした無垢材でつくりたい。質感や経年変化での味の出方が全然違うから。」

と言って頂き、良いものを作ることへのパワーをすごく感じました。

すべてタモの無垢材で製作することになりました。

 

職人仕事

お手持ちのキャビネットは、海外で作られたもので、うづくり加工が施されたヴィンテージな質感。

色もただのオイル塗装ではなく、木目に顔料が入った独特の色合いです。

この風合い、職人さんが何度も何度も試作をして、独自のアート加工仕上げが出来上がりました。

サンプルを作り、実際にお客様にみて頂きました。かなり近いものになったと思います。

ash-vintage-01

↑うづくり加工有り。アート加工仕上げ。

ash-vintage-02

↑うづくり加工無し。アート加工仕上げ。

ash-vintage-04

↑お手持ちのキャビネット

 

総無垢、アート加工、フルオーダーテレビボード

W2300の大きなテレビボード。

tv-board-neutral-01

タモ無垢材の確かな質感。

タイル貼りの壁面と床に負けない存在感です。

tv-board-neutral-03

ベージュ系のやわらかな空間。

家具は濃い目のトーンですが、グレイッシュな色合いをしているので全体になじんでいます。

tv-board-neutral-02

アイアンの取っ手、飾り加工の小口、框組の扉、グレイッシュな木目、

無垢材の質感が生きていてすごく良い家具に仕上がりました。

 

 

家具にこだわれば、インテリアが変わります。

家具は家の中で一番身近で、実際に手で触れて使うもの。一生使える本当に良いものをオーダーでつくってみませんか?

 

 

-COCCO-

instagram!!!

instagramしています。

neutral-furniture

 

NEUTRAL FURNITURE AND SUPPLYのインスタグラムページあります。

日々の出来事、新商品、など更新していますのでチェックしてくださいね⭐︎

NEUTRAL FURNITURE AND SUPPLY CO.-Instagram-

 

3 / 2312345...1020...最後 »

ページのTOPへ戻る