WORKS

FURNITURE & EVENT ETC...

  • アイアン脚を天板が大きくはね出す位置に設定することで、大勢で囲む際のチェアの配置・使い勝手を考慮し、なおかつ重厚感を軽減させた。

    天板裏のそり止め材の両端の厚みを半分にし、脚の横材と挟み込むことで、そり止めの効果を最大限に生かしたまま、そり止め材が見えにくくなるように考慮。

    テーブルについた時に、天板・20ミリの空間・20ミリのアイアンの横のライン、そして□100×20ミリの薄い脚の縦のラインが、浮遊感と繊細さを感じさせるモダンなテーブルとなった。

    ※アイアン脚のみ弊社製作

    テーブル/W3000×D800×H690

    LOOK MORE RECENT POST

    • アイランド型キッチン
    • 日本料理店「さえ季」
    • オーダーマテリアル
    ページのTOPへ戻る