営業時間のお知らせ

ハオルチア

NEUTRAL -N- SOU SOU TEN DEPT.(金沢)

 

明日、8月18日(木)は店外にて打ち合わせのため、

16時30分頃までの営業とさせていただきます。
都合により多少前後する場合もございます。

ご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
お問い合わせなどございましたら、お電話くださいませ。
TEL:076-262-6220

 

 

 

-Yoshiki-

お盆期間中の営業日程

お盆期間中の営業日程のおしらせです。

neutral-furniture

NEUTRAL-N-SOU SOU TEN DEPT.(金沢店)

Open  11:00~19:00

11日(木) 13:00より通常営業

12日(金)通常営業

13日(土)通常営業

14日(日)通常営業

15日(月)通常営業

16日(火)お休み

17日(水)通常営業

 

NEUTRAL WORK STUDIO HOUSE (加賀店)

open  11:00~17:00

11日(木) 通常営業

12日(金)通常営業

13日(土)13:00頃より通常営業

14日(日)通常営業

15日(月)通常営業

16日(火)お休み

17日(水)お休み

 

毎日暑い日が続き、家で過ごすことも意外と多い時期かもしれません。

この機会にインテリアを楽しむのもいいですね。ぜひニュートラルの家具に触れてみてください⭐︎

営業時間のお知らせ

営業時間のお知らせ

NEUTRAL -N- SOU SOU TEN DEPT.(金沢)
明日、8月11日(木)はオーダー家具の納品作業のため、
13時頃からの営業とさせていただきます。
作業時間により前後する場合もございます。
ご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
お問い合わせなどございましたら、お電話くださいませ。

本日は絶賛営業中です♪

TEL:076-262-6220

家具との出会い。

Cradle chair/arm

NEUTRALではオーダー家具を受注生産で製作・販売しています。

店舗に展示している家具ももちろん販売しておりますが、

せっかくのオーダー家具なので、デザインや木の種類、塗装、布地など、

自分好みに選んで購入したい方がほとんどです。

WOOD・FABRIC MATERIAL

職人がひとつひとつミリ単位で正確に作り込みますが、木は自然のものなので木目や色合いなど

表情が全く同じものはふたつとありません。

店にたたずんでいる家具たちも、槇原氏の言葉を拝借すれば、それぞれが個性の光る

“世界に一つだけの家具”です。

そんな家具たちが今月も幾つか、素敵なご主人様と出会い、旅立ちます。

もちろん旅立ちの前に、きれいにメンテナンスを施します。

少し寂しく、すごく嬉しいお別れです。

Kamome chairTable04

展示品は価格も相談にのりますので、

ぜひご来店お待ちしております。

-Yoshiki-

NEUTRAL -N- SOU SOU TEN DEPT.(金沢店)

金沢市香林坊2-11-7    1F

テーブル天板制作現場から。@NEUTRAL FACTORY

現在ニュートラルのファクトリーでは、店舗に納めるためのテーブルの天板を(たくさん!)制作中です。

材料は、ブラックアッシュでの制作です。こちらがブラックアッシュ。まだ何も加工していません。ブラックアッシュという名前だと黒い木を想像してしまいますが、白い肌をしています。

neutral-factory--01

サイズを測り、手作業でカット。

neutral-factory--02

節や反りやすそうな箇所などを見極めて、木を取る。見ている分には切っているだけですが、職人さんの腕と勘が光ります。

neutral-factory--03

カットされた材がたくさん。まだまだ「木材感」が漂っていますが、ここからいよいよ天板へと変貌していきます。

neutral-factory--04

一枚板のテーブル以外の天板は、何枚かの材をジョイントして作られています。例えば、幅80cmの天板を作る場合、20cmの幅の板を4枚ジョイントして(くっつけて)80cmの幅にするわけです。

↓こちらがジョイントする直前の板です。細長く掘られた溝のようなものが見えるでしょうか。この溝にビスケット(食べられない!)と呼ばれる材を入れて、板同士をくっつけます。

neutral-factory--05

※この他ジョイントするには色々な方法がありますが、今回はビスケットを使った制作でした。

 

ジョイントされて大きな板になったところです。だんだんとテーブル感が出てきましたね。ワクワクします!

neutral-factory--06

同じ材をくっつけているといっても、材の場所によって木目、動き、色味が違っています。複数の板同士をくっつける訳ですから、それらがケンカしないように一枚の板に仕上げなくてはなりません。

木は年輪の外側か内側かで、反る方向が違います。(木表、木裏と呼びますが) 年輪の向きが互い違いになるように貼り合わせることで、一定の方向だけに反り返るのを防ぎます。力を相殺するイメージです。

↓わかるでしょうか…。

neutral-factory--07

無垢の木は必ず動きます。職人さんは、その動きを最小限にして長く使える家具を生み出すのです。

さらに、木を複数貼り合わせているということは同じ木目や色をしていないということ。テーブルになった時に、美しいと感じるような継ぎ方をする。

合わせるのか…敢えて違いをみせるのか…、勘と経験とセンスが光ります。

知識と技術と研ぎ澄ませた感をフルに使って、一点一点作られています。そうやって心を込めて作られた家具を、価格だけ見て「高い」なんてどうして言えるでしょうか。制作背景、時間、そしてこれから何十年も使い続けていくということ。そこに価値があるのではないでしょうか。

 

この天板の制作は…、まだ続きます。

ファクトリーからでした⭐︎

 

-COCCO-

NEUTRAL WORK STUDIO HOUSE(加賀店)

加賀市大聖寺南町ト40-1 2F

NEUTRAL焼印ロゴに込めた思いと4つのL。

新作のオリジナル雑貨には、木部に「NEUTRAL」の焼印が押されています。

ニュートラルのオリジナル商品であることの証しであるこの焼印。「NEUTRAL」のロゴの中に込めた思いを少しご紹介したいと思います。

neutral-rogo

十字のラインと、NEUTRALが合わさるようなデザイン。

 

このデザインのルーツはというと、「卍」。

卍というと、ナチスを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、ナチスの卍はハーケンクロイツ(逆まんじ)。第二次世界大戦以降、ファシズムのシンボルというイメージになってしまっています。

が、もともと卍は、アメリカのインディアン部族であるナバホ族のシンボルであり、swastikaとよばれるもの。

この卍の意味するところは、4つのL。

Love / Light / Life / Good Luck (愛/光/命/幸運)

この4つのLを組み合わせになっていて、実は幸運のシンボルなんです。

 

とても幸福な意味を持つ卍の4つのL。

とても良いし、とても素敵。

この意味合いをモチーフにさせていただきました。

NEUTRALに4つのLを忍ばせました。分かる方は分かるでしょうか?

neutral-rogo2

NEUTRALを選んでくれたお客様に4つのLがもたらされますように。

もちろん、作り手の私たち自身がそうありたいと思っています。

 

i Pad&book standの木部↓

neutral-rogo3

キャンドルホルダー↓

candle-holder

 

i Pad&book stand/キャンドルホルダー

Book & iPad stand

Candle holder

 

-COCCO-

NEUTRAL WORK STUDIO HOUSE(加賀店)

石川県加賀市大聖寺南町ト40-1 2F

18 / 30« 先頭...10...1617181920...30...最後 »

ページのTOPへ戻る